• wineburcak

侵入者とドライトマト


近ごろ、小さな侵入者が毎日やって来てはいたずらして、要らないお土産をちょっこり置いていきます。

それはヒヨドリ…そしてウン○。

ベランダの葡萄めがけて朝に夕に堂々とやって来ます。

「こら!」とか言ってみたり葡萄にゴミ用のストッキングネットをかぶせてみたり。

せめて話の通じる相手だったら、「こっちはあげるからこれには手をつけないでよねー」とか交渉出来るんですが。まあ向こうもきっと、必死なのでしょう。サバイバルです。

プロの方たちはどう対処してるんでしょうかね。ましてや自然派ワインなどになったら、あらゆる生き物が畑に遊びに来ると思われ、収量もだいぶ減ってしまうんじゃないんでしょうか?

さて、写真の山盛り色んなサイズのトマトは夫の家で採れたものです。

実家の庭は「トマトジャングル」と化しています。

そんなジャングルで採れたこのトマトで、今年もセミドライトマトを作ってみたところ、絶品でした!!

そのまま食べてもそこまで甘かったりするわけではないのですが、塩を和えてじっくりオーブンで水気を飛ばすと、味が劇的に変化するんです。化学反応でも起こってるんでしょうか?塩ってすごいな。

この変化の幅は、市販のトマトで作る時より何倍も大きい気がします。

売ってるドライトマトは高いし、変わったにおいがあるように感じますが、自家製のものはそのままでいくらでも食べられちゃいます。

ちょっとした夏の贅沢です。

COPYRIGHT (C) 2008 ブルチャーク|さいたま武蔵浦和ワイン居酒屋BURCAKイタリアン ALL RIGHTS RESERVED.